プロフィール

モンノ

Author:モンノ
アクセスありがとうございまし、
多趣味すぎるDTMer、モンノです。

カメラが好きだったりするので、綺麗な画像を撮影して記事に使っていきたいと思います。

いろいろ。

ご訪問ありがとうございます。 DTMerなのにDTMのはなししてません。

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

自分でMicroSIMをNanoSIMへ!/SIMカッター

2016-08-20

夏休みが終わってしまう...夏休みなんてなかったんや...

どうも、モンノです。

このブログ、いつからか「どうも、モンノです。」を最初に入れるようにしてたんですけど、
「あれ?記事の最初ってなんて書いてたかな?」ってなるくらいには記憶喪失です。

前回の記事は「どうも、モンノです。」って入れてないしね。入れてたことすら忘れている...


さて、今回は忘れないうちにSIMカッターの紹介です。

DSC07721.jpg
△SIMカッターセット。

Amazonで900円くらいでした。

DSC07738.jpg
△中身。

SIMカッターと、しょぼい棒ヤスリ、多分iPhone用のSIMスロットピン、SIMアダプターが4枚くらいついてます。

カッター本体の写真を撮り忘れた...

見た目と値段の割には重量があって妙な高級感を感じます。

このカッターは、標準SIM→MicroSIM、MicroSIM→NanoSIMにカットできるみたいです。

カッターの裏にSIMを入れるスロット的なのがあって、そこにSIMを入れて、穴あけパンチの要領でばちん!です。



こう書くとめっちゃ簡単そうですが、SIMって本来カットするものじゃ無いですし、
900円ですのでカッターの精度がガバガバで、カットする前にSIMの加工が必要な場合があります。。
特に「Docomoの古いMicroSIM」は加工したほうが良いかもしれませんね。

DSC07741.jpg
△Docomoの古いSIM(加工後)

カットする前に、SIM内部のチップがカッターに当たらないかカメラ用のLEDライトで透かしてみたところ...

どうも上画像の左側がカッターに当たりそうだ...

画像左側はできるだけカットしたく無いので、反対側、画像右側を削りました。
一応金色の端子部ギリギリまで。

意味あるかわかりませんが、「やらないよりはマシだーー!!!!!」とこの状態でカット。


DSC07742.jpg
△カット後。

拡大してよーーーーーく見てみてください。

黒い何かが見えてますね...

これがSIM内部のチップです。
ギリギリカッターを避けたようです。
爪引っ掛けたらチップと端子部が分離しそうです。こわい...


精度ガバガバすぎて怖いです。SIMが歪むからもっと怖い。


DSC07743.jpg
△P9LiteのSIMトレイ。(青いのはMicroSD)

カット後、しょぼいヤスリで形を整えたら、P9LiteのSIMトレイに入りました!!!!!!!

電源投入後、しっかり認識してくれました。



SIMカットは完全に自己責任です。結構リスキーなので、物好きな方以外はショップで交換してもらいましょう!

今回購入したSIMカッターはこちらです。
i-Plus Company Tech【Amazon限定】SIMパンチ (micro/nano 対応SIMカッター) + SIM変換アダプター4点セット 付き(普通のリンクです)
スポンサーサイト

ガジェットの類 コメント: 0 トラックバック: 0

HUAWEI P9Liteを買ったよ

2016-08-18

お久しぶりです!!!!!!!!

1年以上ぶりです。お久しぶりです。

1年も経ったら色々買ってるし環境も変わってるし、
「続きは次回以降!」とか書いてる記事もあるけど、そういう記事は次回の次回の次回の次回の次回になるくらい進んじゃってるので更新したくなったら更新することにします。(そう言って更新しない奴だ...!)



さて、昨日、NEWスマホを買いました。すごく突発的に。

DSC07719.jpg
△HUAWEI P9 Lite

私の人生4代目のスマホはP9Liteになりました!

これが発売された時からちょっと目をつけてたんですけど、
お金がなくて(でも安いよ!)見送ってました。

フルHD5.2インチ液晶、CPUが2.0GHzx4+1.7GHzx4、リアカメラ1300万画素、フロントカメラ800万画素、
3000mAhバッテリー、指紋認証可能でなんと...

約28000円

いい時代だね。

開けていきましょう!

DSC07723.jpg
△パカッ

予想以上に質素。

DSC07724.jpg
△スマホの下。シンプルでかっこいい

DSC07725.jpg
△見落としそうなSIMスロット開けるピン

縦に長い説明書、保証書、ケースなどが入ってる箱の裏にピンがついてました。

DSC07726.jpg
△イヤホン。このデザインは...

どう考えても某林檎のアレ意識してるだろ!!今回は開けて(広げて)ません。リモコン付き。

DSC07728.jpg
△本体表
DSC07729.jpg
△本体裏

新品は最高です。

DSC07730.jpg
△ディスプレイから見て右側に音量、電源ボタン。

電源ボタンはやっぱりサイドに無いと使いづらいですね。
初代私のスマホ「F-10D(4.6インチ)」2代目「Nexus5(約5インチ)」はサイドに電源ボタンがありました。

しかし3代目、「Zenfone2(5.5インチ)」は上部に電源ボタンが!!!!!!!!!!!!!

これが非常に使いづらく...

画面ダブルタップで画面ON,OFFできましたが、この昨日もなかなか曲者で...

まあ、なんというか、「サイドボタンは神」
DSC07734.jpg
△左:P9Lite 中央:Zenfone2 右:Nexus5
DSC07735.jpg
△本体厚さ比較

P9Lite、めっちゃ薄いんだな!!!!

Zenfone2,Nexux5はボデイがプラスチックなので、結構傷ついちゃってますが、
P9Liteは金属ボディなので綺麗に維持できそうです!
DSC07743.jpg
△SIM/SDカードスロット(ホルダー)

P9Liteには2枚のSIMを入れられるんですが、2枚目のSIMを入れる場所はSDと共用です。
SIMサイズはnanoSIMです。Zenfone2,Nexus5はMicroSIMだったのでSIMカッターでカットしました。
それの紹介は今度します。(本当かな?)



しばらく使ってみた感想です。

まず、5.2インチって大きさ最高。
画面占有率が約76%で幅はNexus5の数ミリ大きいくらいで持ちやすい。

Zenfone2に比べてめっちゃ薄い。ポケットに入れても窮屈じゃない(マジで)

指紋認証がめっちゃ早い。画面オンにしなくても指おくだけでロック解除できるの最高。

バッテリーの持ちはまあまあ良さげ。ポケモンGOやるとさすがに減りは早いけど、Zenfone2ほどじゃ無い。
というかZenfone2とポケモンGOの相性がめっちゃ悪い。CPUのAtomとポケモンGOの相性が悪め

カメラはリアカメラしかちゃんと使ってないけどこれもまた良い。
Zenfone2に比べたら色がのっぺりしている感じはあるが、田んぼを撮影したらすごく鮮やかになったりして撮影対象にもよるかも。
動画撮影も結構良い
音の入り方はNexus5の過度なノイズキャンセラー感(大きい音でもすごくゴニョゴニョした感じになる)もなく、Zenfone2のような撮影開始30秒までは小さい音があんまり入らないっていうのもあんまり無い。少しはある。

動画撮影時の暗所性能は圧倒的にP9Liteの方が良い感じ。ノイズレベルが全然ちがう。

フロントカメラは800万画素。これNexus5のリアカメラと同じ画素数ですよ。セルフィー文化のおかげ。

手振れ補正は機械式(レンズが動く)ではなく電子式です。Nexus5は機械式だった。
電子式なので、手振れ補正ON時は若干ズームした状態で撮影されます。静止画撮影時は手振れ補正有効にできません。



こんな感じですかね。まだ少ししか使ってないので、なんかあったら書きます。



Zenfone2シリーズ(2と表記されないMaxとかGoとか含めて)の中では自分の使っていたZenfone2は一番初期のモデルです。

4GBのRAMが入ってたり、最大2.33GHz動作のAtomが入ってたり、カメラのフラッシュに当時流行り始めた(?)デュアルカラーLEDを搭載したり、充電がめっちゃ速かったりして、各々で見ればモンスタースペックスマホだったんですが、今思えば「タブレットを5.5インチにしてみたよ!」みたいな感じがあります。

昔は「スペックの高いスマホが神!」みたいな思想を持ってましたが、別にゲームをめっちゃやるわけじゃないし、
安くてある程度バッテリーの持ちが良くて、「カメラの性能がいい」(←とても大切)スマホで十分だということに気づきました。P9Liteを選んで正解だったと思います。


あ、このP9Lite,ジャイロセンサーが入ってないのでポケモンGOのVRモードは使えません。
最近多いVR対応アプリも使えないんだろうなあ...


さて、文字を打ち込みすぎて疲れました。

次回はSIMカッターの紹介でもしようと思います(ちゃんとしろよ!!!!!!!)

ガジェットの類 コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

使ってる機材とか。

使ってる機材とか。

【音楽制作環境】
CPU:Intel Corei5 4670K 3.4GHz
M/B:ASUS Z87PRO V-edition
VideoCard:MSI N770GTX Twin Frozr 4S OC
RAM:DDR3-1600 4GBx2
SSD:ADATA SP900 120GB
HDD1:Hitachi HUA722010CLA330 1TB
HDD2:ST950032 500GB
WirelessLANBoard:Intel Centrino2 WirelessN2200
SoundCard:SoundBlaster Recon3D(旧)
PowerUnit:Owltech AU-700 700W

OS :Win7 64bit HomePremium

その他CDドライブGH24NSB0、
光ったり光らなかったりするファンを多少、
水冷システムとしてELC240

Mouse:Razer DeathAdder MousePad:Goloathous keyboard:Perixx PX-2000

Monitor:BenQ GL2250
SubMonitor:22EN43V-B

AUDIO INTERFACE:BEHRINGER XENYX302USB
HEADPHONE : Pioneer SE-MJ511
MICROPHONE : BEHRINGER XM8500
SPEAKER: Fostex PM0.4n
MIDI keyboard : Rolamd A-300PRO

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。