プロフィール

モンノ

Author:モンノ
アクセスありがとうございまし、
多趣味すぎるDTMer、モンノです。

カメラが好きだったりするので、綺麗な画像を撮影して記事に使っていきたいと思います。

いろいろ。

ご訪問ありがとうございます。 DTMerなのにDTMのはなししてません。

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

いろいろ買ってみたゾ

2015-02-14

どうも、モンノです。

もう14日ですよ。
ハッピーバレンタイン!!!

どうですか。チョコもらいましたか。


水曜日に少し遠出をしまして、
お買い物をしました。

DSC06394.jpg
△こんなかんじ。

本来DTMマガジンだけ買おうと思ってたんですけどね。

DSC06395.jpg
△DTMマガジン3月号。

これは役に立った。

DSC06396.jpg
△買う予定じゃなかった。「艦これなのです!」

めっちゃ面白かった。30分で読める

DSC06397.jpg
△本気で買う予定なかった。

自転車のライト。
普段使ってたドペギャの3LED30ルーメンのやつ。
アレはやはり暗すぎる。

サイドにブルーLEDが入ってたりソーラー充電できたり面白い部分はあるけど。

このお買い物の帰りはやはり夜になったんだけど、

俺(走行中)→横断歩道接近→「青信号だ行くぞ~」→突然縁石が現れる→エキサイティング飛び降り

といった流れで、暗すぎて横断歩道近くの縁石に全く気づかなかった。

縁石かといえば縁石ではないんだけど。
段差。歩道は車道より高く作られてて、横断歩道の部分だけ車道と同じ高さ。
なめらかに車道と同じ高さになるんだけど、俺はなめらかじゃないところに突っ込んでしまった。
サスつき自転車でよかった。

80ルーメンは伊達じゃない。明るい。すごい明るい。縁石(段差)から落ちることもなくなるでしょ。

DSC06398.jpg
△スマホを三脚に取り付けるやつ。

まあ、これもそんなに買う予定はなかった。
通り道にケーズデンキがあったからそこで買った。

で、こいつには問題点が。

DSC06399.jpg
△ケース付きNexus5、入らねえよ。

DSC06400.jpg
△ケースを外せばなんとか入る。ギリギリ。壊れそう

DSC06401.jpg
△無理やりすぎて斜めになる。

DSC06405.jpg
△ドコモのスマホ、F-10Dとの大きさの比較。

DSC06406.jpg
DSC06407.jpg
△正直、そんなに差はない気はする。

DSC06404.jpg
△バッチリ入る。

DSC06403.jpg
△シリコンケースは外すべき。

DSC06402.jpg
△スマホを挟み込むタイプなので少々手荒だけどこんなことも。

これは実用性が皆無。すぐ落ちるし、電源のオンオフができない。

総額4000円くらいですかね。
あ、本を買うのに図書カード的なのを使ったんだよね。
1000円分。

そうだ、中古ショップにも行ったんだけど箱がでかかったりするせいで
買えないと判断した物があった。
かごがあるわけじゃないしね。

ってことで、自転車のリアキャリアとパニアバッグを買った。(何
スポンサーサイト

カメラ コメント: 0 トラックバック: 0

【いまさら】α65がやってきた!!

2014-09-30

DSC03490_result.jpg
はいどーーーん

α65が届きました!!

今回は中古で買いました。お金がないです...

何枚か撮ってみましたが、めちゃくちゃ楽しいです!!

このシャッター音とか、ファインダーを覗く感じがすごくいい!!


開けます。

DSC03487_result.jpg

こちらが箱です。α5000と同じようにオレンジ中心です。

DSC03492_result.jpg
まずはこんなのが入ってます。いつもどおりです。

DSC03493_result.jpg
その下はこんな感じです。
ストラップが見えます。

DSC03494_result.jpg
ストラップが見えていた画像でいう右側に入ってたものです。

バッテリー、バッテリーチャージャー、USBケーブル、ストラップ。

DSC03501_result.jpg
DSC03499_result.jpg
DSC03500_result.jpg
DSC03498_result.jpg
本体の写真です。
変なところにピントが合ってますが...

F値開放マニアなのでこうなるんですよ。

DSC03496_result.jpg
キットレンズ、DT18-55mm SAMⅡでございます。
これがなかなか使いやすい。

DSC03502_result.jpg
レンズプロテクター付けます。大事ですこれ。

DSC03503_result.jpg
つきました。

DSC03504_result.jpg
標準ズームレンズをつけてみました。店頭で確認したとおりです。

DSC03505_result.jpg
奥に見えるのがSIGMAの70-300mmレンズ。暗くてすまん

DSC03506_result.jpg
つけてみました。
AマウントレンズはAマウントカメラがやっぱり似合いますね。
α5000にくっつけるとバランスがおかしいことに...

DSC03507_result.jpg
フードつけました。なかなかいい感じ。違和感なさすぎ。


すこし前までは一眼レフでオートフォーカスを使うときに、
ピントリングが勝手に回るなんで思いもしませんでした。
位相差AF、かなりいい感じです。
それと同時に、フォーカスポイントといいますか、AFしてくれる場所の意識もするようになりました。

キットレンズはわりとAF時の音は静かなんですが、
SIGMAの70-300mmはなかなかうるさいです。
かなりモーター的な音がします。
SAMでもSSM?でもないので...

DSC03613_result.jpg
こんな画像が撮れます。
家で撮ったのでISOは800で、ブログ用にリサイズしてますが...

2400万画素、なかなかキレイに撮れますね。
α5000の2010万画素でも十分綺麗なんですけど。

カメラ コメント: 0 トラックバック: 0

初代デジカメのお話【バッテリーが生きていた】

2014-09-24

IMG_0050_result.jpg


はいどーーーん

お久しぶりです。
とってもお久しぶりです。

いまさらですが、前回の記事の続きになります。


こちらのFE-190氏、
バッテリーを10時間ほどかけて充電したところ、

なんと10分間動作しました!!

残量0の状態から10時間充電してようやく10分間動いたんです!!

バッテリー、弱りきってますね。
過放電です。過放電。

ナントカイオン系のバッテリーは過充電、過放電に弱いのです。
ナントカイオン系のバッテリーは電池残量を0にしてはいけない、
そして電池残量を100以上にしてはいけない暗黙のルールがあります(何

まぁ、めんどくさいことは置いておいて、
動作し始めた時の画像でございます。どうぞ。

IMG_0051_result.jpg

感動の瞬間。

かなり感動の瞬間が訪れました。

たぶん数年ぶりにこの画面を見ました。そしてこのカメラを操作しました。

液晶の大きさはちょっとちっさいですが、解像度がえらい低いのです。

画素数11万画素...
この画像を撮影しているCanon A3300ISが23万画素...

そしてミラーレス一眼のα5000が46万画素...

時代の進化はすごいです。α5000綺麗すぎです。

ちなみに、そのうち家に届くであろう(!?)ソニーの一眼、α65は92万画素!!

有機ELのEVFはなんと235万画素XGA!!!


やっぱり、カメラを持つならファインダーをのぞきたいじゃないですか。

話がそれました。


2006年からの技術の進歩はすごいですよ。
FE-190の仕様を見てるとすごいわかります。

ISO感度1000で撮影できて高感度撮影。
最高シャッタースピード1/2000。

あ。A3300ISもISO1600までだし、
シャッタースピードに関しては1/1600までだった。


こうなると、一眼か、コンデジかっていう違いになりますね。
最近のコンデジは全くわかりません...


以上、FE-190が動いた記事でした。

あと、α65を買いました。しばらくカメラ関係に手は出しません。

カメラ コメント: 0 トラックバック: 0

初代デジカメのお話

2014-07-23

IMG_0047.jpg

どーーーん

オリンパス FE-190です。

多分、家で初めてのデジカメがこれです。

これがくるまではCanonのAutoBoy LUNAという35ミリフィルムカメラでありながら
AF機能搭載し、3点測距という当時はなかなか斬新なスペックを持ち出したらしいカメラしかありませんでした

このカメラ、2006年のカメラなんで非常に古いです。
600万画素です。

動画機能は本当におまけレベルです。
(そりゃあILCE-5000のフルHD動画と比べたら...)

ま~当時からいろいろ無駄な写真を撮っておりましたね。

P7101028.jpg

おお。俺にしてはいい写真撮るではないか。
昔も今も、写真を撮ることは好きですがカメラを持ち出して出かけることに少しばかりの抵抗があります。

画素数以外の面でも、ILCE-5000とは比べ物にならないくらいのスペックです。
ISO感度が1000までだったりします。

手ぶれ補正機能はないです。
当時は理解できませんでしたが、ISO感度を上げてシャッタースピードを上げる、という意味で
手ぶれ補正機能が付いてます。
機械的なものはついてないです。そんな時代だったんですかね。2006年。

この記事書いてる最中、生きてるんだか死んでるんだかわからないバッテリーを充電しています。
IMG_0049.jpg

きったねえ。

部屋のすごく奥まったところに充電器がありました。

ちなみに、1円玉を挟まないと充電できなくなってました。いつのまに。
標準充電時間はなんか8時間とか尋常じゃない時間だった気がします。

この画像を撮影してるCanon PowerShot A3300ISは3時間くらいで終わると思います。

保存メディアはオリンパスなんで(?)XDピクチャーカードです。
めっちゃ高かったです。
現在でも2GBまでのものしかないんですよ。これ。
しかもTypeHとかMとかいうのがあって...これは割愛しときます。
自分はTypeMとH、1GBずつ持ってます。

このXDカードがめちゃくちゃ使いづらい。
PC内蔵カードリーダーとかで対応してるのってあんまりないよね。


起動できたらまたブログ書くかもしれません。

このカメラが俺をカメラ好き地獄へ落とした最初のカメラでもあります。

カメラ コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

使ってる機材とか。

使ってる機材とか。

【音楽制作環境】
CPU:Intel Corei5 4670K 3.4GHz
M/B:ASUS Z87PRO V-edition
VideoCard:MSI N770GTX Twin Frozr 4S OC
RAM:DDR3-1600 4GBx2
SSD:ADATA SP900 120GB
HDD1:Hitachi HUA722010CLA330 1TB
HDD2:ST950032 500GB
WirelessLANBoard:Intel Centrino2 WirelessN2200
SoundCard:SoundBlaster Recon3D(旧)
PowerUnit:Owltech AU-700 700W

OS :Win7 64bit HomePremium

その他CDドライブGH24NSB0、
光ったり光らなかったりするファンを多少、
水冷システムとしてELC240

Mouse:Razer DeathAdder MousePad:Goloathous keyboard:Perixx PX-2000

Monitor:BenQ GL2250
SubMonitor:22EN43V-B

AUDIO INTERFACE:BEHRINGER XENYX302USB
HEADPHONE : Pioneer SE-MJ511
MICROPHONE : BEHRINGER XM8500
SPEAKER: Fostex PM0.4n
MIDI keyboard : Rolamd A-300PRO

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。